転職事例

一覧に戻る

2023.6.13

キャリアチェンジ

CASE008 プラント設備のエンジニアリングから大学院(法学)を経て環境コンサルタントへ

Sさん 30代
転職前:発電プラント設備のエンジニア

環境・資源循環分野の環境コンサルタント

 
発電プラント設備のエンジニア

発電プラント設備の技術職として施工管理や施工計画の策定、安全管理、設計、技術営業を経験した後、再生可能エネルギーに関わる新規事業の立ち上げを行っていました。

環境・資源循環分野の環境コンサルタント【大学院を経てコンサルへ転身】

環境コンサルタントとして、環境・エネルギー・資源領域に関する調査・研究、事業化支援に携わっています。

前職の業務内容と、転職で実現したかったことを教えてください

  • 前職は、主にプラント設備のエンジニアリング業務全般を行っていました。しかし、一度退職して、自身の興味に従い、業務とは全く別分野の大学院へ進学しました。転職活動を行う中で、自己実現やビジネスにおいて多様な価値観を理解することが重要であると考えるようになり、これまでの専門性を活かしつつ、いままで経験したことのない、自身が興味を抱くような仕事をしたいと考えるようになりました。

エコリクへの登録のきっかけについて教えてください

  • エコリクのマッチングディレクターよりスカウト頂きました。ご提示いただいた環境・サステナビリティというコンセプト自体、学生時代から大変興味がある分野であり、また、前職においても主軸としていた分野でしたから、求人のご提案をお願いすることになりました。

転職先を選んだ決め手について教えてください

  • まず業務内容がこれまで経験したことがなく、専門性が高いものであったため、強い興味を抱いたことと、社会貢献度が高い点も魅力でした。会社の雰囲気についても、HPや面談での職員や役員とのコミュニケーションの中で、良い意味で前職に近いものを感じました。また、待遇面も満足のいくものでした。
    こうしたことを総合的に見て、自身にとって良い会社であると判断しました。

エコリクを利用してみていかがでしたか?

  • 他社サービスは定型的なものが多く、こちらのニーズを十分に把握しているのか、疑問に思うことが多々ありました。そもそも十分な聞き取りがなされなかったり、募集企業の具体的な説明がないこともありました。 私の担当のマッチングディレクターは、私の要望を踏まえた提案を粘り強くして頂き、募集企業の担当者からの具体的情報も提供して頂きました。そうした姿勢には信頼感があり、希望に合致する求人もご紹介いただいたので、是非お願いしようと考えました。

転職をお考えの方へアドバイスをお願いします

  • 待遇面はもちろんのこと、自身と会社の相性が合うかをあらゆる角度から確認することが大切ではないか、と考えます。私は会社を見る角度を増やすために、自身がどう働きたいのかを大事にして転職活動を行いました。
 

担当マッチングディレクターからのコメント

Sさんは、エネルギー設備に関する工学的なスキルに加え、大学院(法学)での学びや、環境行政に関わる経験など多面的なキャリアをお持ちでしたので、すべてを網羅的に生かすことのできる環境政策に関わるコンサルティング会社をご紹介させていただきました。

複数求人をご案内する中でご本人にとって環境・サステナビリティについて考え、深めていく機会を提供できたのではないかと振り返って考えます。

書類選考から内定・入社意思決定まで2週間と、スピード決定となり、双方レスポンスや相性も良く、選考ステップの調整も順調に進み、同社を支援する中でも最短の決定でした。

転職活動において企業からの連絡が滞ると心配になると思いますが、同様に求職者の方からのご連絡も早いほうが企業への印象がよく映ります。連絡が入った際はいつまでに回答できるかだけでも、すぐに連絡されることをおススメします。

大津山 翔平
マッチングディレクター 大津山翔平
MD紹介を見る/
相談を申込む

関連求人を検索する

tag:

一覧に戻る